お金のないフリーランスに役立つサバイバル術3選

お金のないフリーランスに役立つサバイバル術3選

2020-01-07
フリーランス

フリーランス生活、始めたばかりだと収入がなかなか安定しないですよね。
中には貯蓄が底をついた、つきるのがすぐそこって方がいらっしゃるかもしれません。
そんな方のためにフリーランス歴10年の自分が、お金のないフリーランスが生き延びるためのサバイバル術を3つ紹介しようと思います。

固定費を極限まで下げる

当たり前の話ですが、これ結構大事です。変動費を下げるのはもちろんですが、お金がない人は固定費に結構なお金を割いていたりします。
固定費の中で節約できるモノとして、

  1. 家賃
  2. 携帯電話代
  3. その他サブスクリプションサービスの代金

などが上げられます。以下で一つ一つについて説明します。

家賃を下げる

家賃はなかなか変えるのが難しいかもしれませんが、一番影響が大きいのでここを下げられるとだいぶ楽になります。

一番選択肢としてあるのは実家に住むことですね。働いている地域と実家が近くて、実家との関係が良好なのであればありだと思います。
自分がフリーランスを始めたての時には、ネット上で住居のシェアを募集している人の物件に住まわせてもらったり、先輩がルームシェアしている物件に転がり込んだりしていました。

ルームシェアで部屋が余ってたり、同棲に失敗して部屋が余ってたりする人は意外にいるもので探せば心良く貸してくれます。
相手も部屋を余らせるより、安くてもお金をもらって人に貸した方が生活が楽になりますしね。さらに職種が近ければお互い一緒に住んでいるだけでアドバイスしあえるので、一石二鳥になります。

自分の場合7年以上前ですが、月5万円(光熱費、水道代、ネット代込み)で六本木のマンションや、月4万円(同じく全てコミコミ)で五反田のマンションに住んでいました。

携帯電話代

ここはあまり説明する必要がないと思います。フリーランス をやられているぐらいだったら、格安SIMに変えるのもお手の物かなと思います。
個人的に使っていてオススメだったのが、DMM mobileだったんですが楽天に買収されて新規契約ができなくなってしまいました。

楽天モバイルも評判を聞く感じでは回線速度が遅そうなので、格安SIMの中でも速度の評判がいいUQ Mobileをオススメします。

9GBの契約でも月\2,980なので、月6,000円使っているなら約3,000円の節約。年間36,000円の節約です。

その他サブスクリプションサービスの代金

これは人によって千差万別だと思いますが、一度エクセルで表にしてしまって本当にそのサービスが必要か考えて、いらないものは解約してしまいましょう。
動画サービスなんかは一つ契約していれば大丈夫だと思います。動画を見るくらいなら自分の仕事をエンタメにしてしまって、楽しい仕事をやることにしましょう。

ここで注意なのは「生活が楽になったり、仕事の効率が上がるサービス」はなるべく解約しないようにしましょう。節約することで不便になって効率が下がってしまっては、元も子もないです。

支払いを後回しにする

これは結構大事です。利率が高いカードや借り入れは早く返した方がいいですが、税金や社会保険、年金は役所と交渉をすると、さっくり支払いを後回しにできます。
「税金や社会保険は絶対に今払わないといけない」と思い込んでいる人が多いですが、国や自治体もお金がない人から絞り取るほど鬼じゃありません。

支払いを後回しにしても利息がつかないので、カードや借り入れを優先的に返して、余裕が出てきたら税金まわりを払うようにしましょう。

営業を頑張る

これは見落としがちですが、一番大事です。日本人はお金がなくなると節約にしか目が向かなくなりがちですが、稼ぐことがもっとも大事です。
特にフリーランスの場合、案件を取れれば即収入に跳ね返ってきますので。

自分が長年フリーランスをやってきた中で、営業のコツは以下の3つだと思っています。

個人じゃなく法人を相手にする

ここが一番大事かもしれません。個人はお金を持ってなく、さらにあなたの仕事に対してのリテラシーも低いため、仕事が大変な割に支払いも良くないです。
「自分の仕事は個人向けしかできない」と思うかもしれませんが、意外に法人向けの需要も探せばあったりします。占い師でも法人の顧問をやってる人がいるくらいなので。

営業相手の近くに常にいる

どうやって会おうか考えるより、その人の近くに行ってしまうといいです。
安い仕事でもいいので一度一緒に仕事をしてしまったり、仕事にかこつけて会社に訪問して作業してしまいましょう。(もちろん相手の許可は取りましょう)
人は楽なことが好きです。なので、物理的にも精神的にも声をかけやすい人に声をかけます。

もし、自分よりも少し優秀な人で同じ価格な人が営業相手の知り合いにいたとしても、すぐ声をかけられてできるかどうかを答えられる人の方が有利になります。
早い事が価値になるわけです。

先にメリットを与える

前の項目と合わせて使うとさらに効果が出ますが、これも大事です。
仕事をまともにやっている人なら、こちらが相手にメリットを与えれば普通に返してくれます。

この人と仕事をするとラクだな、安心して任せられるなと思わせましょう。
そう思わせたらこっち側の勝ちです。

仕事で一番大事なのは最終目標を達成することです。制作の仕事であれば納期までに納品すること、営業の仕事であれば仕事を取ってくる事です。最終的にそこさえ達成できれば何の問題もないわけです。
その最終目標にフォーカスをして最大化してあげましょう。そうすれば相手はこちらに仕事をまた依頼してくれるでしょう。

まとめ

今回はお金に困ってるフリーランスの人のためのサバイバル術を紹介しました。お金に困っているということはフリーランスなりたてだと思います。
フリーランスは仕事が回り始めるまでが一番大変です。回り始めてしまえばあとは紹介でいくらでも仕事が来ますので。

フリーランスは自由度が高く、自分自身の仕事次第でいくらでも収入が増やせる、という会社員にはないメリットがあります。
今は大変だと思いますが、これを抜ければ会社員よりよっぽど楽しい生活が待ってます。
そこまで目指してサバイブしていきましょう!